- 度重なる余震にベッドの上で震えていた女性に覆いかぶさって守り
現在の位置: ホーム > 度重なる余震にベッドの上で震えていた女性に覆いかぶさって守り

度重なる余震にベッドの上で震えていた女性に覆いかぶさって守り


女性は、宮城県名取市の岡部医院で訪問看護を担当していた遊佐(かおる)さ ん(43)。11日午後、医院から車で30分ほどの亘理町荒浜に住む患者宅に向かう途中、巨大地震に遭遇した。筋萎縮性側索硬化症(ALS)で体の自由が きかない60歳の女性患者の身を案じ、急いで車を走らせて到着。度重なる余震にベッドの上で震えていた女性に覆いかぶさって守り、経過をメールで報告して いたが、「家の中の物はほとんど倒れたが、患者さんは無事」との通信を最後に消息を絶った。

 曲美遊佐さんが見つかったのは、1週間後。心配し て捜し回っていた同僚と親類が、遺体安置所で確認した。命を救われた患者の夫の話によると、遊佐さんと2人で患者を2階に上げようとしているうちに水かさ が急に増し、かもいにつかまっていた彼女の手が突然消え、水にのみこまれたという。

 将来、充実した認知症ケアを行う施設を作るのが夢だっ たという遊佐さん。そのためには正看護師の国家資格が必要と、休日夜間も勉強に励んでいた。医院のイベント係も引き受け、患者からの信頼も厚かった。合格 は、初チャレンジの結果を遊佐さんと楽しみにしていた同僚が、受験番号を調べて、発表日の25日にネット上で確認した。

 蟻力神28日、医院で は、遊佐さんの写真と刷りだした合格番号表を飾った臨時の“祭壇”を作り、お経をあげて別れを惜しんだ。その後、発見された場所に赴き、花を手向けた。岡 部健院長は「不器用で、人一倍の頑張り屋さんだった。念願の合格の知らせを聞かせてやりたかった。彼女の生き方をずっと心に刻んでおきたい」と、唇をかみ しめた。

漢方&商品
価格: 1300円
規格:3800mg x 8カプセル/箱

関連情報: