- 頻繁に自らを慰めて頻繁な夫婦の性生活
現在の位置: ホーム > 頻繁に自らを慰めて頻繁な夫婦の性生活

頻繁に自らを慰めて頻繁な夫婦の性生活


 威哥王はすごい評価を受けました。実は、前立腺炎を患うについて自慰することと関係があるかどうか、私達が必要とするのは弁証法的に評価します。

一方、1人の男性の比較的に長い時間の内で射精する行為が発生しない時、精嚢は持続的に1種のまったく満ちる高張力の状態があります。

一方、1の個性的な発育の正常な男性、避けられないでよく性的衝動の発生があって、生殖系は同様に毎回性的衝動が相応する変化が発生することに従います。男子は毎回性的興奮のです時に、前立腺と精嚢はすべて高度が発生して充血して、射精することまで後でやっと次第に回復することができるのが正常です。前立腺炎を患った患者もこのようにです。

そのため、完全に射精していない行為、ちょうど前立腺炎の病状の除去に役立ちません。 近代的な医学と性の心理学者の研究は、正常なのが自らを慰めて一定の積極的な意味があって、ある種類の意味の上から夫婦ことがあって生活すると言いますと思っています。

そのため、未婚の男性の前立腺炎の患者について、および既婚の男性は夫婦のため短期分かれて住んで、出張して、離婚して、配偶者に死なれて原因など正常な夫婦の生活の患者を過ぎることができなくて、適切に自らを慰めるのが利益があったのです。ここの私達の適度ななのが自らを慰めるのは適度な規則の夫婦の性生活と見なします。

同様な道理、頻繁に自らを慰めて頻繁な夫婦の性生活に似通って、前立腺の長期にわたり充血する鬱血を使用して、前立腺の正常な分泌は、機能を排泄して深刻な影響を受けて、恐らく前立腺炎を誘発することになる原因。 その他に、その上自らを慰める者が気がひどく高ぶるのは緊迫していて、周囲の環境は少し非常に変化して音が急に止まって、射精する効果に達しないで繰り返し発生する前立腺と精嚢が充血して、静脈血が堆積することが現れて、必ず治愈しにくい前立腺炎と精嚢の炎を誘発します。

しかし、きっと理解して、たとえ存在ですとしても長期頻繁に自らを慰める習慣の人、そうとは限らなくすべて最後に慢性前立腺炎の発生を招いて、自らを慰めてしきりにのを過ぎて個人の病気への抵抗力に境界を区切っておよび明らかな個人の相違が存在するかどうか、まして多数の未婚の男性の自らを慰める頻度は彼らの自分で心配したそのような“頻繁です”がありません。

だから、自信の一定の自らを慰める頻度でさえすれば、自らを慰めて前立腺炎を誘発したことを心配する必要はないので、その上適度なのが自らを慰めて更に前立腺の液体を一掃することを助けることができて、前立腺の堆積を緩和して、保護あるいはに対して前立腺機能を回復して一定の積極的な意味があります。一定的に精力剤を利用して改善できます。

漢方&商品
価格: 6000円
規格:息隠:25mg×6錠米索前列醇片:0.2mg×3錠(一人分)/セット
価格: 6000円
規格:息隠:25mg×6錠米索前列醇片:0.2mg×3錠(一人分)/セット
価格: 1600円
規格:1箱×2個入

関連情報: