- 射精の過程は何段に分かれるほうがいい
現在の位置: ホーム > 射精の過程は何段に分かれるほうがいい

射精の過程は何段に分かれるほうがいい


 男性は過程で性交して、まず中枢を通じて興奮して、 ペニス増大のスポンジの体に充血して勃起するように引き起こして、摩擦を通じて一定の刺激の程度を達成する時、射精を引き起こします。

射精するのは1つの反射の過程です。まず睾丸から管を出力する縮むことをに始めて、それから副睾丸の頭、体で、あとで副睾丸の後部が縮むのです。精子は輸精管を通じて走らせて輸精管の容器の腹部に入って、最後に前立腺の精嚢の腺のあけることで、精子と精密などろりとした液体を走らせて尿道に入ります。ボールのスポンジの体の筋肉と座骨のスポンジの体の筋肉の縮むことに従って、同時に膀胱の頚部の閉めることによって、精液が逆行して膀胱に発射することを阻止して、精液にリズミカルに尿道から発射させます。

普通は射精する過程が7つが強力だったことがあると思って、リズムがあったのは動作に縮みます。私達は人為的に射精する過程を2段に分けることができて、頭の3個は1段で、この一部の精液は主に前立腺から来ます;残りは何人か1段で、主に精嚢の腺から来ます。普通は、第1部分の精子ある密度、イベント率、イベント度、生存率に関わらず、やはり膜の安定性などの方面はすべて大いに第2部分より高いです。統計によると、89%男性の第1の一部の精子が数を数えて第2部分より高くて、2部分の同じ者は5%占めて、第2部分は第1の一部の者が6%占めるのより大きい。
段階的に射精する法は男性不妊を治療する方面にとても大きい臨床の意味があります。もし患者の精子が数を数えるならばがとイベント率どうしても低くて、あるいは同時に精液を伴っているのがあまりにも濃密なことの、精液にくっついて量る多すぎて、女性の排卵期が性交する時段階的に射精する方法を採用することができます。第1段の精液が発射する時に後で、直ちにペニスを腟の内から抜き出して、残りの精液に発射して外にいさせる、このように精嚢の腺が液体を分泌して精液を希釈することを免れることができて、それによって高い密度、高い品質、高活力の精子が腟の内で残すことを保証して、受胎する能力を高めます。“人工授精”と“試験管ベビー”の実践の中で、段階的に射精しても1つの常規の措置になります。第1段の精液を処理した後に、高活力の精子をふるい分けだして、子宮に送り込んであるいは体外受精に用います。

臨床の生物化学が検証する時、発射する精液は相前後して順序ですによってそれぞれ4-6部分をも収集することができて、第1部分は主に前立腺の液体から来て、酸性の燐酸の酵素の活力の最高;最後に精嚢の腺の液体で、前立腺をくわえて果糖の最高にあっさりしていますと。測定のこれらの特殊な酵素あるいは物質を通じてすんで解いて性腺の機能を付け加えます。このような検査の方法は更に研究の射精する時の生理のイベントに用いることができます。ある人は神経性問題のため、射精する過程の発生は乱れていて、精子は主に前立腺の液体と一緒に発射するのではありませんて、精嚢の腺の液体と一緒に発射するので、精子のイベントがは正常です。これも多分不妊の1つの原因です。 威哥王はその問題を解決できます。

漢方&商品
価格: 1000円
規格:3.5ml /本 X 3本

関連情報: